BookLiveコミック【同人】宇宙人の家庭※スマホ専用

正気じゃない!?

どうしてこんな発想するの!?

 

蠅との性交を描いた奇作!?

『宇宙人の家庭』

 

 

蠅にパートナーとして選ばれる事は至高の喜び。

人間の男では到底与えられない快感。

 

蠅さん…私で興奮してくれてるの?

 

蠅の美少女との驚愕のセックスが見たいという鬼畜な方は画像クリックです♡

▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼

BookLiveコミック【同人】宇宙人の家庭※スマホ専用

この作品はちょっとヤバいです(笑)

 

宇宙人の家

4話に戻る方はこちら

⇒4話に戻って読んでみる

 

 

永遠とも言えるような快楽の連続。

 

 

 

朝までホームランともいえるような

交尾だが、実は…。

 

 

 

合間を縫ってなんと家を作っていました♪

 

 

 

材料はそこらに飛び散っている体液。

 

 

 

白瀬を包み閉じ込めるように

繭を編んで行きます。

 

 

 

(しらせ・・・そこにいるの?)

 

 

(いま、だしてあげるから)

 

 

なんとここで、

 

 

幼馴染のみっくんが登場!

 

 

果敢にも生ごみのような匂いを放つ

繭を破って白瀬を助けようとしますが。

 

 

みっくんは根性無しさんでした(笑)

 

 

 

パンチを出すような一コマすらなく、

蠅にのしかかられ、

 

 

 

ボッコボコにされます(笑)

 

 

 

当の白瀬はみっくんのことなどもう

忘れてしまったようで、

 

 

 

繭に固められた状態で、

繭の外側から入ってくる蠅さんの性器を

受け入れて悦んじゃっています(笑)

 

 

というか、蠅さんは仲間を呼んだようで、

 

 

 

無数の蠅が白瀬が入っている繭に群がっています。

 

 

(宇宙人の家だ)

 

 

みっくんの素直な感想。

 

 

そして、繭の中からベビーが誕生しました。

 

 

ベビーだけが。

 

 

繭の中から出てきたのです。

 

 

仕組まれていた遺伝子。

 

 

人間は蠅なんぞに魅力を感じるはずがありません。

 

 

ですが、簡単に蠅を愛することができるように仕組むことができます…。

 

 

それは…。

 

 

ネタバレはここまでで♪

中々最後まできちんと説明してあって面白かったです。

 

 

今度は同じ作者の人で別の作品を読んでみたいですね。

話作りが面白いので、多分おもしろいと思います♪

 

ネタバレ目次や画像が見たい方はトップへ戻ってください。

 ⇒5話を読んでみる

 

 

▽▼気色悪い作品が読みたいという酔狂な方はこちらの画像をクリック▼▽

↓画像をクリック↓

BookLiveコミック【同人】宇宙人の家庭※スマホ専用