BookLiveコミック【同人】宇宙人の家庭※スマホ専用

正気じゃない!?

どうしてこんな発想するの!?

 

蠅との性交を描いた奇作!?

『宇宙人の家庭』

 

 

蠅にパートナーとして選ばれる事は至高の喜び。

人間の男では到底与えられない快感。

 

蠅さん…私で興奮してくれてるの?

 

蠅の美少女との驚愕のセックスが見たいという鬼畜な方は画像クリックです♡

▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼

BookLiveコミック【同人】宇宙人の家庭※スマホ専用

この作品はちょっとヤバいです(笑)

 

蠅に捧げて得た快楽

1話に戻る方はこちら

⇒1話に戻って読んでみる

 

 

 

「あ、お母さん?実は蠅さん見つけちゃって」

 

 

「交尾してるところなんだ♪」

 

 

「だから今日はもう帰れないの♪」

 

 

とんでもない会話ですが、

この世界では蠅至上主義らしく、

むしろおめでたい事のようです(笑)

 

 

蠅のピストンでうっとりとした声で
お母さんに電話する白瀬。

 

 

あまりの気持ち良さに昇天しそうです(笑)

 

 

人間同士では痛いと噂の性行為。

 

 

しかし蠅との性行為に痛みはなく、

 

 

多幸感で満たされていく。

 

 

蠅のストローのような口が口内を優しくねぶり、

 

 

お腹の中は蠅の性器がグルングルンとうごめき、

 

 

怖いぐらいにお腹が膨らんでいるのに。

 

 

一切の痛みはない。

 

 

『本当だったんだ。蠅との性交ってこんなに気持ちいいんだ♪』

 

 

保健の授業で習う蠅との交尾。

 

 

一晩中続き、強い快楽と人生の充実感を齎す。

 

 

だから学校では、蠅との交尾を積極的に推奨している。

 

 

ですが、実は、蠅と交尾するだけでは蠅の子どもを産むことはできない。

 

 

そこで必要になるのが。

 

 

『子宮に雌蠅の卵子を埋め込む』

 

 

という

 

 

魔改造(笑)

 

 

その魔改造手術を白瀬は受けていません。

 

 

なのでこれはただ気持ちいいだけの交尾。

 

 

蠅に謝罪をしつつ、

 

 

『必ず生んであげるからね』と健気に約束します♪

 

 

これは人間の子どもを産まないということを意味します。

 

 

蠅との幸せな交尾から一夜開け。

 

 

白瀬さん。

 

 

『特例でしばらく学校を休む』ことになります。

 

 

これにピンと来るのは、

 

 

事情を知っている『女子』だけ。

 

 

男子はポカーンとしており、事情を求めますが、

 

 

「男子には内緒(笑)あーあたしも欲しいわ~」

 

 

何が欲しいのか?

 

 

それはもちろん、

蠅の子孫を生む為の子宮。

 

3話を読む方はこちらです
 ⇒3話を読んでみる

 

 

▽▼気色悪い作品が読みたいという酔狂な方はこちらの画像をクリック▼▽

↓画像をクリック↓

BookLiveコミック【同人】宇宙人の家庭※スマホ専用